CADオペレーター

株式会社ウッディパーツ
2017年 新卒入社

エントリーはこちら

Q.サニーライブグループに入社した経緯を教えてください
A.父が電気関係の仕事に就いていたため、幼い頃から住宅の図面を目にする機会があり、いつの間にか住宅関係の仕事に興味を持つようになりました。高校卒業後、インテリアに関する学部がある専門学校に進学し、プランニングの際にCADの基本的な操作などを学びました。その頃には住宅や建築に携わる仕事をしたいと考えるようになっていました。

私は就職活動において、どんな人がどんな環境で働いている会社なのかを重視していたのですが、サニーライブグループの会社説明会に参加した際に、案内してくださった人事部の方をはじめ、先輩社員の皆さんが親切でオフィスの雰囲気も明るく感じたことが入社の決め手になりました。
Q.CADオペレーターの仕事内容を教えてください
A.ウッディパーツでは木造建築物に使用される柱や梁などの木材を工場でプレカット加工しています。そして工場で加工するために必要なデータを作成しているのがCADオペレーターです。
CADオペレーターは大きく2つのグループに分かれていて、1つは建築士や工務店のお客様からお借りした建築図面を基に、構造上の問題がないか、建築物として実現可能か確認しながら大まかなプレカット材の数を算出する仮積算を行う「入力CAD」の仕事。もう1つはその「入力CAD」が算出した仮積算に沿ってさらに細かい部分の確認や調整を行い、最終的にプレカット生産を行う自社工場へ指示書やデータを送る「データCAD」の仕事です。私はこの「データCAD」のオペレーターとして働いています。

物件の大きさや複雑さにもよりますが、一般住宅や小さな店舗の場合、およそ1~2日で1棟分のプレカット加工用のデータが完成します。
自分が担当している図面データに問題が発生した際には、先輩社員や入力CADの担当者と仕様の確認を行いながら問題が解決するまでデータを修正しなくてはいけません。また、工場の生産スタッフからデータ内容について質問や疑問が上がってきた場合には図面データを元に仕様を説明することもあります。
Q.仕事において大事にしていること、心がけていることは?
A.データCADの仕事では、自分が入力したデータを元に工場にてプレカットの加工が行われます。そしてそのプレカット加工された木材が建築現場に届けられ、建物の骨組みとして使われます。自分だけでは完結しない仕事なので、次の工程に携わる工場の生産スタッフや現場の大工さんが見た時に少しでも解りやすい・見やすい図面データになるよう心掛けています。
例えば、大工さんの手間を少しでも減らすため、現場で簡単に組める加工がされたプレカット材になるようデータを作成したり、図面そのものが見やすくなるようデータの配置場所を修正する場合もあります。
まだまだ経験値が少なく毎日覚えることがたくさん出てくるため、忘れないよう小まめにメモを取ってまとめるようにしています。
Q.どんな人がCADオペレーターに向いていると思いますか?
A.CADオペレーターの仕事は、どれだけ集中してミスのない正確な図面を仕上げられるかが求められるので、コツコツと地道な作業を好む方や、細かい指示などを見落とさないよう作業できる方が向いているかもしれません。また、パソコンの基本的な操作や資料作成が苦にならない方にもぜひ挑戦して欲しいです。
ただ、デスクワークが多いと言っても、人とコミュニケーションを取らなくてよい仕事ではありません。建築士や大工さんの指示や要望を正しく聞き取るにはしっかりコミュニケーションを取って内容を理解するよう努めなくてはいけないですし、図面を作成していて問題に直面した時は、すぐ上司や先輩に報告・相談することも必要です。人と接することが好きであれば、より仕事の上達に繋がると思います。

また、建築物は一つとして同じものがないので、毎回、新しい図面を担当する度に勉強することが出てきます。日々の経験値もそうですが、建築の専門知識やインテリアの知識など、プラスアルファの技術を身に付けることで、どんどんスキルアップできる仕事だと思います。