CADオペレーター

株式会社ウッディパーツ
2015年 入社

エントリーはこちら

インターンシップ申込

Q.CADオペレーターの仕事とは?
A.ウッディパーツでは、ハウスメーカー様や工務店様といったお客様から頂戴した木造建築物の設計図を元に、自社工場で材木のプレカット加工を行っています。私たちCADオペレーターの仕事は、お客様のご要望をお伺いしながら、家の骨組みデータを作成しています。

私の担当業務は、入力されたCADデータが地震や積雪に耐えられるのか、実際に組立てた際に材木同士がぶつからないか、固定金具がきちんと取り付くかなど構造に不備や不安な要素がないかのチェックを行っています。変更や修正が必要な箇所が見付れば、指摘し安全な構造体をご提案いたします。
Q.仕事のやりがいを教えてください
A.データを作成するときは、構造上の問題を確認するだけでなく、建築現場で大工さんが取り付け作業を行うことができるのか、なども考えながら、常に頭の中で組み立てを想像しながら作業を行っています。高校では電気科で学び、以前は建築関係の会社で、電気設備部門に所属し、電気工事に関わる作図を行っていました。CADがメインではなく、現場に行き指示を出すこともありました。それなりにやりがいは感じていましたが、昔からものづくりが好きで、建築関係に興味があったことから、現在は、自分が携わった住宅を目にし、イメージ通りに材木が組みあがっている姿を見ると、ものづくりの楽しさや喜びをより実感しています。
Q.今後の目標は?
A.近年では家づくりにこだわりを持たれる方が増え、注文住宅で建てられる方も多くなっています。それに伴い、住宅の構造も複雑なものが増えてきました。また、耐震基準などの改定により構造も時代とともに変化しています。私はまだ経験が浅いため、分からない部分も多く、先輩社員に教わりながら作業をしていますが、少しでも多くの経験を積み、新しいアイデアや発想から、変化する住宅に対応できる提案を行っていきたいと思っています。

また、当社は住まいや暮らしに関わるグループ企業の一つです。住宅の骨組みだけでなく、住まいにかかわる様々な情報が聞けることが、とても勉強になっています。